上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あけましておめでとうございます(いまさら)

みなさま、あけましておめでとうございます。
ことしも、mouchoを宜しくお願いします!

さて、ご多忙だった年末年始のお仕事もやっとひと段落しまして、本日よりオオクワ三昧生活に戻れることとなりました。手始めに、リンクさせて頂いております方で最新の更新をされている、スイッチ入りまくりな方へのコメをして活動開始です。

さぁさぁ、残りの菌糸ビンの交換を行いました。結果は、目だったのはおりません。(涙

そして、やってしまいました。。。
HSの菌糸ですが、今回、初めてお試ししました。ついでに、♂用のビンも新調し、タイペスト紙も新しい種類のものをチョイス(安かった!)。2本目の♂ビンで、その事件はおこりました。
遮光カーテンをめくって、♂HS菌糸ビンを手にとって血の気が引きました。ヤバイ。。。酸欠してる。。。あわてて他の♂ビンを確認しますが、ほぼ、酸欠してます。要は、幼虫が上部に上がってきてるわけですね。←もう、この時点で半泣き。

S3、OAを見ると、これは大丈夫。神長さん、松野さんに詰め詰めしてもらったやつだから、大丈夫。

再度、HSビンを手に取り、キャップをオープン。タイペスト紙の内側を埋め尽くす菌糸orキノコ。←この時点で、ふてくされ。
前回チェックしたときは、HS菌糸ビンに、ここまでの菌糸の異常繁殖は確認できませんでした。。。おそらく、この菌糸orキノコ群がキャップ部の通気口を塞いだのでしょう。
スプーンで掘り掘り。水分量が明らかに少ない。。。乾燥しています。ここまでは、チェック時に確認できていなかった。
ちなみに、HS菌糸ビンはエアコンのすぐ真下でした。

いろいろな原因の可能性が想定できそうですが、菌糸が乾燥気味になってしまったこと、エアコンの真下で不注意だったこと。これが菌糸の異常繁殖につながり、通気口を塞ぎ、かつ二酸化炭素を多くしてしまったのでしょう。

使い慣れた、菌糸ビン、タイペスト紙、ステキです。色気を出すもんじゃないですね。
エアコンも真下もやめよう。と、誓った、新年のmouchoでした。

3本目で、どれだけ回復できるか、最善をつくします。

それでは、皆様、おやすみなさい。
スポンサーサイト
[ 2015/01/14 02:02 ] 2014年度オオクワ | TB(0) | CM(3)